日常のこと

【アラフィフ主婦体験】ネットカフェでのパソコン作業/ネカフェは進化していた

作業に集中したいけど家では気が散るなあ
すぐ寝転んでしまうんだよね

そんなときカフェに行くと不思議と集中できますよね。

ところがカフェもあまり長時間いるのは少し「圧」を感じる時があります。(汗)

この頃はコロナでカフェ側も長時間の滞在をあまり歓迎していないようです。

今回試しに24時間インターネットカフェ「快活クラブ」にいって作業してみたら、思っていた「ネカフェ」と違いました。

インターネットカフェで仕事はできるか?

パソコン作業カフェとネットカフェの比較

 

おしゃれ感  

カフェ   

ネットカフェ   

おしゃれを感じるのはやっぱりカフェです。

Wi-Fi  

カフェ  

ネットカフェ 

カフェは店によってWi-Fiの強さやセキュリティに差があるのでこの点数。ネットカフェはそれが売り。

充電  

カフェ  

ネットカフェ 

充電コンセントもカフェは「席による」とか「そもそもない」とかがあり充電したいとき焦る時も。その点ネットカフェは完備。

意識の高さ  

カフェ  

ネットカフェ 

意識は断然カフェです。ネットカフェは意識の高さで勝負しようとしていない。

勉強になる読み物  

カフェ   

(書店併設カフェ

ネットカフェ 

今どきのネットカフェは勉強ができるコンテンツも揃えてる。

 

朝ごはんを食べるとして

カフェの場合(例・スタバ)

ネットカフェ(例・快活クラブ)

↑ ファミレスにあるような飲み放題付き。(お湯で溶かすスープなどもあり)
朝だけパンとフライドポテト無料

勉強になるコンテンツも

ネットカフェ

↑ネットカフェは進化している!と感じた点。
資格勉強や経済の勉強コンテンツがたくさん用意されていました。
「今こそ経済を学ぼう」「LEC東京リーガルマインド1200以上の講座が学び放題」などがありました。
仕事や勉強の場所を目指している。

作業に疲れたら休憩は

ネットカフェ
椅子

↑マッサージチェアのブースを選んだ場合
漫画も読める

貴重品は


↑自分で暗証番号を決める貴重品のロッカーが整備されていて安心。

コスパは?(料金は)

3時間くらいの場合

カフェ
飲み物500円くらい~食べ物も入れると1000円くらい

ネットカフェ
●飲み放題カフェ席(普通のカフェの一人席みたいな席)
税込 590円 (土日700円)
●ブース(カギ無し個室パソコン付き)
税込 1100円 (土日1220円)
●鍵付き個室
税込 1310円 (土日1510円)

 

ネットカフェメリットデメリット

メリット

長時間OK
Wi-Fi完備
充電コンセント完備
勉強も用意してくれている
漫画も読める
映画・ユーチューブ・テレビ・DAZN 見放題
ZOOM会議もできる(書いてあった)
周りの目を気にしなくてもいい

デメリット

食べ物の質を気にする人は向かないかも
念のため触るところをアルコール消毒した
「いい意味の」人の目もない→リラックス→サボってしまうかも
漫画やYouTubeをみることができるので甘い誘惑も・・・

※オープンスペース(普通のカフェ的な席)もあるのでそこに座り、美味しいものを持ち込めばこれらのデメリットは解消できます。

まとめ

今どきのネットカフェは進化していた。

勉強や仕事も想定されて工夫されていた。

長時間集中したい人はあり!